トップページ>補聴器の広告を最近よく見かけるけど、どこで買えばいいの?

補聴器の広告

補聴器

「補聴器ベストアンサー」で、聞こえのお悩みを解消しましょう!
補聴器ベストアンサー」は、補聴器の疑問や質問にお答えするQ&Aサイトです♪

Yahoo!ショッピング店 補聴器屋さん.com(ホチョウキヤサンドットコム) 楽天市場店

補聴器ベストアンサー


Q 補聴器の広告を最近よく見かけるけど、どこで買えばいいの?

A 実績があり、担当者が経験豊富で親切丁寧な補聴器店です☆





長年の実績があり、調整をする担当者が経験豊富で親切丁寧な補聴器店」・・・こう言われても、どうやって探せばいいの?という声が聞こえてきそうです。

高齢化社会に伴い、身近になった補聴器を取り扱うお店が多くなっているのは事実です。以前は病院の紹介から専属の補聴器店で購入する方がほとんどでした。でも現在は、紹介や斡旋を主とするお店や、副業として補聴器を取り扱う異業種のお店が多くなっています。

でもこれだけ選択肢が広がってくると、どこへ相談すれば的確なアドバイスが受けられるか?が分かりにくいことでしょう。そこで、主な補聴器店の特徴を管理人の視点からアドバイスします。


@耳鼻咽喉科紹介の補聴器店

医師免許を持った
医者が直接補聴器を取り扱うことはありません。よって、それぞれの病院と提携をしている補聴器店が契約をして補聴器の相談や販売、調整をしています。あくまでも、実際に補聴器を取り扱うのは医者ではなく、補聴器店の担当者です。

この場合には、補聴器を取り扱う担当者と補聴器ユーザーの関係が、医者と患者の関係とほぼ同じになる!ということにもなります。つまり、補聴器を購入する方がメーカーや種類、そして取扱店や担当者を選びにくい!ということになりますね。その結果、ほぼ医者の言いなりになります。

耳穴式補聴器が欲しいのに耳かけ式を強く勧められた!といったことです。


A補聴器専門店

電化製品販売店やJA(農協)などの補聴器を斡旋販売している業態でなく、相談や試聴、調整およびメンテナンスなど、
最初から最後まで自己完結できる補聴器店です。当然のことですが、専門知識や経験が豊富で的確なアドバイスが受けられます。

また最近では、出張訪問を主としたお店もあります。交通手段を持たない補聴器ユーザーの方には、
調整などのサービスを自宅で受けられるメリットがあります。

家族がいる日曜日に来てほしいとか、自宅のテレビを見ながら調整してほしいなどの特別な要望も伝えやすいようです。
ただし、どこまでが無料なのかは事前に確認しましょう。


B電化製品販売店

最近非常に多いのが、電化製品販売店が兼業として取り扱うお店です。ただ実態としては、実際の業務(調整や点検)は
契約している補聴器店やメーカーに任せる場合が多いようです。

一方、医療器具である補聴器と電化製品は違う種類ですが、機械であることには違いありません。アドバイスを受けることもでき、耳鼻咽喉科の場合と同じように
補聴器店に対して的確な指示や指導を期待できます。

ただし、顧客サービスに力を入れていない電化製品販売店は避けたほうが無難でしょう。


Cメガネ店

今や、メガネ店が補聴器を取り扱うことは珍しくありません。というより、ほとんどのメガネ店が補聴器を何がしか取り扱っているようです。

ただし、
どのくらい本気で取り扱っているか?ということが大事だと思います。それはすなわち、調整の技術を向上させる研修を店舗でやっているか!とか、経験豊富で親切丁寧な担当者がいるか?ということです。

地方に多くある、地域密着型の組織やJA(農協)などと提携している業者もメガネ店が多いようです。補聴器専門店と遜色ない技術と経験をもちながら、
顧客目線できめ細かいサービスをしている補聴器店もあります。

そして、これは全ての補聴器店に当てはまりますが、最終的には担当者の経験値が補聴器ユーザーの満足度につながります。






補聴器はアフターサービスが必ずあります。それが一番大事です∞

Yahoo!ショッピング店 補聴器屋さん.com(ホチョウキヤサンドットコム) 楽天市場店


Copyright © 補聴器ベストアンサー All rights reserved