トップページ>補聴器の種類を教えて!

補聴器の種類

補聴器

「補聴器ベストアンサー」で、聞こえのお悩みを解消しましょう!
補聴器ベストアンサー」は、補聴器の疑問や質問にお答えするQ&Aサイトです♪

Yahoo!ショッピング店 補聴器屋さん.com(ホチョウキヤサンドットコム) 楽天市場店

補聴器ベストアンサー


Q 補聴器の種類を教えて!

A 大きく分けて3種類あります。



箱型式補聴器


携帯電話の一回りくらい小さな形をした補聴器で、ポケット型補聴器ともいいます。
補聴器が出始めた初期に発売されたタイプで、現在も高齢者や入院されている方に人気があります。

長所

市販の電池を使い、電池交換が少ない補聴器だからとても扱いやすい。
価格が比較的安い!
予備用としてや、テレビやラジオのイヤホン代わりとして使える。

短所

アナログ式の補聴器がほとんどで、細かい音の調整ができない。
補聴器と耳栓を結ぶ紐が目立ち格好が悪い。
補聴器と耳栓を結ぶ紐が手の動きを邪魔する。


耳かけ式補聴器

耳の上にかける補聴器で、最近は小型でお洒落なタイプも数多く出ています。
欧米では、日本よりも付ける方の割合が多いようです。

長所

軽度難聴から高度・重度難聴まで対応でき、種類が多い!
比較的価格の安いアナログ式から、高価なデジタル式まで種類が豊富。
専用の耳栓を使わなければ、左右どちらでも使える。

短所

箱形ほどではないが目立ちやすい。
メガネをかけると邪魔になることがある。
音を拾う部分が外にあるので、風の音などを拾いやすい。


耳穴式補聴器

耳の型を採って作るオーダーメイドの補聴器で、使う人専用の補聴器となります。(左右別です)

長所

目立たない!さらに超小型タイプだと、付けていることがほとんど分からない。
オーダーメイドなので、動いても落ちにくい。

短所

価格が比較的高い。10万円以下のタイプが少ない。
使用する電池が小さいので、高齢者の方には扱いにくい場合がある。
付けていて落ちることはほぼないが、専用のケースに入れないと紛失しやすいことがある。


他にも、メガネに補聴器が付いた骨導式補聴器などがありますが、上記の3種類が主流です。それぞれに良い点と悪い点があるので、自分に合った補聴器を選びましょう♪

また最近多いのは、普段は耳かけ式を使い外出時は耳穴式を使うとか、予備として箱型式を使うなど、いくつかの補聴器を併用される方も多くなっています。






用途や予算、そして、操作のし易さを考慮して選びましょう。

Yahoo!ショッピング店 補聴器屋さん.com(ホチョウキヤサンドットコム) 楽天市場店


Copyright © 補聴器ベストアンサー All rights reserved